がん保険に加入する目的を考えてみましょう

今や、がん保険は各保険会社で販売している保険の中でも稀にみるヒット商品と言えるでしょう。
がん関係の保険がこれだけ普及している背景には、「日本人が生涯の内がんに罹患する確率は50パーセント」というバックデータがあるからです。
各社これを売り文句に販売していますが、なぜそれ程がんにかかる人が増えているのでしょうか。

実際は、「医療技術の進歩でがんの早期発見が可能になったので、がんと診断される人が増えた」というのが正解です。
一昔前は、がんは「不治の病」でした。しかし今は早期発見され、手術や放射線治療・抗がん剤治療によって克服し、社会復帰する方も増えています。
現在、がんは死の宣告ではないのです。
それでは、保険を選ぶ際にどのような事に注目すべきでしょうか。

がん保険の給付は大きく分けて5つあります。
診断給付金、死亡保険金、入院給付金・通院給付金、治療給付金、その他の5種類です。
診断給付金は、がんと診断されたら受け取れるというものです。他の病気に比べ、がんの治療にはお金と日数が掛かります。経済面でも安心して療養できるようにという観点の給付です。がんの部位・治療方法等は全く関係ありません。

死亡保険金は、がんで死亡した場合に遺族に支払われる保険金です。もちろん加入者本人が受け取るものではありません。
入院給付金・通院給付金は、入院・通院の日数に応じて1日当たり規定の金額を給付されるものです。入院・通院が長引けばその分給付も大きくなります。
治療給付金は、治療に応じた給付が受けられるものです。手術をしたら○○万円、放射線治療をしたら○○万円、抗がん剤治療をしたら○○万円、緩和療法を受けたら○○万円というような内容です。先進医療等も含まれます。
その他には、例えば収入保障保険があります。
がんの治療が始まると約7割の方が「収入が減る」と答えていますが、その分の収入を保障をする保険です。
このように給付されるものが分かると、がん保険が必要であること、そしてその目的も見えてきます。