がん保険は診断給付金の充実度が重要となっています

がん保険は診断給付金の充実度が重要となっています

がん保険は診断給付金の充実度が重要となっています がんは完治させることが難しく治療が長引くことがあります。
その為、次々と新しいがん保険の商品が出てきており、種類によって保障内容も大きく異なっています。
がん保険の保障には以下の種類が存在します。

まず一つ目が診断給付金です。
診断給付金とは、がんと診断されると入院や手術をしなくても支払われる点が特徴です。
次に挙げられるのが入院給付金と呼ばれるものです。
医療保険では1回の入院で支払われる入院給付金の日数に制限が有りますが、がん保険の入院給付金は無制限で入退院を繰り返した場合でも安心となっています。
手術が必要な場合は、三つめの手術給付金があります。
がんの治療を目的とした手術を受けた際に支払われる保障で、保障内容により手術の種類によって保障額が異なるものと、一律のものが存在しますが、手術の回数に制限はありません。

入院後に定期的な通院が必要になる場合は、四つ目の通院給付金が受け取れます。
通院給付金には、入院が決定して入院給付金をもらった後、決められた期間内で通院したときに保障を受けられるというものと、入院していたかどうかには関係なく、手術や治療を目的とした通院に関して保証を受けることができるという2種類のタイプがあります。
前者は日数に制限がありますが、後者は何度通っても保障の範囲内となります。
最後の五つ目が先進医療特約です。
先進医療とは実験段階の治療法で有効性や安全性が確認されている途上のもので、健康保険の対象とならず治療費は全額自己負担となっています。
先進医療特約はこの先進医療に備えたものになりますが、治療の際に先進医療の使用を検討するようなケースはそれほど多くありません。

がん保険はこれらの保障内容と掛け金のバランスを見て選ぶことになりますが、大きなポイントとしては平均在院日数が短縮化されている現在では、入院給付金よりも、まとまった金額を1度に受け取る事の出来る診断給付金の方が治療費の資金にし易いことから、診断給付金の充実度が重要とされています。

お知らせ

  • [2016年12月01日]
    ホームページを更新しました。

  • [2016年12月01日]
    運営者情報を追加しました。